恵美の幕末日記

幕末好きによる幕末中心の史跡巡り旅日記

俺の鯛党話を聞いてくれ!!

つーわけで(笑)

なんじゃらほい、なタイトルで今回の記事が始まります。

今回は、ちょっとばかり紹介したい漫画を取り上げます(*´▽`*)

茶いさんの「私の!鯛党の話を聞いてください(上)」

茶いさんの「私の!鯛党の話を聞いてください(下)」

決して「河豚」を食べず、「鯛」を食べていた

山縣有朋高杉晋作は、「鯛党」と呼ばれていたのだそうです。

そんな大胆かつ慎重な鯛党の2人の友情物語を、

分かりやすく、面白く描いた漫画です。

また、その当時の国内状況も、簡単ではありますが描かれていて、

初心者さんにも、時代背景を知って貰えるのではと思います。

長州の複雑な藩内情勢も、ざっくりですが、学んでいただけるかと。

幕末の歴史は、入り乱れて、正直むっちゃ複雑なので、

漫画を読んだだけでは、すべてを語ることはできませんが、

大まかな所は把握できると思うので、初心者さんにもオススメだと思います。

私は、高杉さんは、元々好きーハートなのですが、

鯛党漫画読んで、山縣さんにも興味津々です。

そしたら、お世話になってる古写真研究家さんが、ガタ(山縣)さん本(一坂太郎著)読んでて、

なんてタイムリーって感じでした(笑)

私も、一坂さんのガタさん本読みたい(/・ω・)/←お前はまず積読消化しろ

わたくし、現在、鯛党支持者なので、鯛党に入党できるよう、

お勉強頑張ります(笑)

長くなくて、とっても読みやすいので、

歴史に興味のない方も、苦痛なく読んでいただけると思うので、

是非、一度目を通してみてくださいませ(*´▽`*)

そして、興味が沸いたら、色んな本を読んで、自分で勉強をしていくのがおススメですよ^^

くりっく

茶いさんの「私の!鯛党の話を聞いてください(上)」

茶いさんの「私の!鯛党の話を聞いてください(下)」

©emi All Rights Reserved.