恵美の幕末日記

幕末好きによる幕末中心の史跡巡り旅日記

備中松山藩士・漢学者「三島中洲」生誕地を訪ねる

ずっとずっと行きたいと思いながら、まったく行く機会のなかった、

三島中洲の生誕地を訪れました。

倉敷市中島に生まれた、三島は、

山田方谷や、伊勢国津藩の斎藤拙堂に儒学を学びます。

藩校 有終館では陽明学を教え、維新後は政府の大審院判事に。

退職後は、自宅に漢学塾二松學舍を創設し、二松學舍大学のもととなる、

二松學舎塾を開きます。

生誕地の石碑があるのは、かなり前から知っていたのですが、

なかなか、行く機会がなかったのですけど、

やっと!やっと!行ってくることができました。

ただ、詳しい情報が全くって言っていいほどなくて、

迷う、迷う

狭い道を通ってて、対向車を避けるのに、寄り過ぎて擦ってしまったりしましたがうーっ

無事に見つける事ができました。

てか、そんな細い道、通る必要なかった・・・さげ

この地で生まれた三島は、

昭和の時代まで名前の残る偉大な漢学者として成長していきます。

(そいえば、小島資料館で三島中洲の写真をね、見たことがあるんだよ)

なかなか見つけられなかったけど、あきらめず探し回って良かった、本当・・・

©emi All Rights Reserved.