恵美の幕末日記

幕末好きによる幕末中心の史跡巡り旅日記

備中櫓と江戸一目図屏風を歩くin津山 その2

石の要塞、津山城

まさしく、要塞といった感じで、「扇の勾配」石垣がそびえ立ちます。

津山城は、現在残っているのはこの石垣だけで、お城はありません。

鶴山公園(かくざんこうえん)として、憩いの場として利用されています。

鶴山公園は、岡山では「桜の名所」としても有名です。

現在は、備中櫓が復興され、堂々とした姿を見せてくれています。

カッコいい!!!

この備中櫓の特徴的な所は、内部。

櫓なのに、畳が敷いてある!

櫓なのに、2階がある!!

(2階からの写真)

てか、厠もある!!!

え??櫓よね??え???

ってなっちゃうくらい、住居観満載で、

これはあれじゃね。戦の時、兵士何人か寝てたんじゃね!?とか

思ってしまったくらいでした(笑)

いや、それはないでしょうけど(笑)

女性の目線に立ったお城の設計になっていたそうで、

この櫓は、女たちの憩いの場になっていたのでは?との事でした。

面白かったので、もう一度いきたいと思います。

(県内でも、北部と南部だと距離が相当あるので、兵庫行った方が近かったりするんですよあせ

そんなわけで、大満喫の津山の旅でした。

貰った津山の観光案内図みると、他にも面白そうな所が

沢山あって、本当、もう1度計画しっかり立てていきたいですねー。

▼クリックして貰えると嬉しいです。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村


©emi All Rights Reserved.