読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恵美の幕末日記

幕末好きによる幕末中心の史跡巡り旅日記

幕末志士で一番人気な人物の足跡をたどるin長崎 その2

2日目は、長崎駅で集合をして、バスで目的地に向かいます。

 

まず訪れたのは、長崎ハタを作っていらっしゃるお宅です。

 

凧の事を、長崎ではハタ(パタ)というんだそうです。

 

世界各地の凧を飾ってあり、とても面白い場所でした。

 

 

そして、上野彦馬のお墓へ。

 

上野彦馬といえば、坂本龍馬の写真を撮影した人物ですね。

 

 

もちろん、龍馬像もばっちり見てきました

 

 

 

ここで、撮影大会(笑)

 

 

てくてく歩いて次は、亀山社中へ。

 

 

 

 

亀山社中では、龍馬や中岡さんだけじゃなくて、

いろんな幕末志士の写真が貼ってあって、

近藤さんと土方さんの写真を見つけた瞬間、

友人と二人して、無意識に正座してしまい、爆笑。

 

うん。マジで無意識だった(笑)

 

 

お昼を食べて、次の目的地へ。

 

 

 

 

 

上野彦馬生誕地

 

そして、龍馬がみたであろうお釈迦様を拝み、

近藤長次郎のお墓詣りへ。

 

ここには小曽根家のお墓もありました。

うん、あったはず←おい

 

 

 

路面電車のホームの間にある、土佐商会の石碑を撮ってから、

 

小曽根乾堂(こぞねけんどう)夫妻のお墓へ。

 

長崎は濁るので「こぞね」だそうです。

ちなみに、東京に出られた分家のご子孫は「こそね」さんです。

東京の人が言いにくいから、濁りが取れたのでは?との事でした。

 

小曽根乾堂は、長崎において龍馬のよき理解者であり、

また長崎で龍馬やおりょうさんのお世話をされた方です。

 

 

 

そして、長崎最後に訪れたのは

 

大浦天主堂と、グラバー園(入らなかったけど)です。

 

 

2日目はとにかく沢山歩きまして、

長崎は坂と階段が多いから、とっても足が疲れましたが、

楽しい楽しい旅行となりました。

 

 

正直2日では足りなかったので、もう1泊すれば良かったという反省です(^_^;)

 

 

また行くぞ!長崎!!!

 

 

 

 

 

©emi All Rights Reserved.