恵美の幕末日記

幕末好きによる幕末中心の史跡巡り旅日記

岡山の明治維新を知る

11月8日、岡山駅そばにある

岡山シティーミュージアムに行ってきました。

 

お目当てはコレ!

 

 

 

 

「岡山藩と明治維新」

 

 

この展示の関連イベントとして、

東京大学名誉教授の「宮地正人」先生の講演会が

11月8日開催されたのです。

 

 

宮地正人先生と言えば!!

 

日野のふるさと歴史館の企画展の監修をされていたり

 

もちろん、新選組の書籍も出されていて

(「歴史のなかの新選組」という本は持ってます、私)

 

私でも、お名前を拝見したことのある、とーーーっても有名な先生です!

 

 

 

そんな先生の講演が「無料!」

 

 

いやいや、太っ腹。

 

りんこさんも言われてたことあると思うけど、

 

岡山シティーミュージアムはお金取るべきだよ、本当。

 

 

宮地先生が講演をされることになったきっかけは、

この企画展の監修をされた、岡山大学の倉地先生とご友人であり、

倉地先生からお声がかかった為だと、説明をされていました。

 

 

講演のテーマは

 

「幕末維新期の岡山」

 

分かりにくい、岡山藩の維新期の動向を、

先生が知りえた限りの情報をお話してくださいました。

 

 

備前岡山藩といえば、備中松山藩を討伐した藩でもあります。

(備中松山藩は藩主不在のまま無血開城をします)

 

なので、その辺の話も出ないかなーと淡い期待を抱いていたのですが、

残念ながら、その辺りのお話はありませんでした。

 

 

しかし、宮地先生の講演は、全体を通して、

とても勉強になる話ばかりで、

難しくて、途中、頭爆発しそうになりましたが、

約2時間、ずーっとメモを取っておりました。

 

ただ、メモ取り過ぎて、わけがわからない(-_-;)

 

 

またちょっと、時間見つけて、

メモ見ながら整理していこうと思います。

 

 

でも、本当に、本当に良いお話が聞けて、

この講演の存在を教えてくださった、りんこさんに感謝なのです。

 

 

講演の後は、展示を見て帰りました。

 

熊田の嘆願書とかもあったので、個人的には嬉しかったですねー。

ちゃっかり、読み下しをメモして帰ってきました。

 

 

今回も、図録みたいなパンフは無料。

てか、展示品全部載ってるのに、無料って。

 

だから、お金取るべきだって。

 

 

 

 

©emi All Rights Reserved.