読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恵美の幕末日記

幕末好きによる幕末中心の史跡巡り旅日記

備中松山藩・城下町を歩く旅

天気も良かったので、高梁まで行ってきました(*´▽`*)

目的地は3つほどだったのですが、結局いろいろ巡ってきたのでした(笑)

駐車場に車を止めたら、頼久寺へ。

乙部のお墓に手を合わせます。

しっかし、蜂が・・・。ハチ

周りも草がかなり生えてきてて、ちょっと近づけず。

線香あげたかったんだけども。

久しぶりになっちゃったし。

しょうがないから、今日は手短にお話して、最初の目的地へ。

歩く予定だったので、まずは遠くから。

そんなわけで、道源寺に1番に行きました。

着くと門の横に、「原田亀太郎墳」と書かれた墓地と、

三島毅(中洲)撰の碑があります。

ここでは、お線香あげる事ができました。

天誅組のことは、全然と言っていいほど知らないので、

あなたの事も色々教えてくださいとお願いしてきました(笑)

そのあとは、門をくぐって、すぐ左手にある、

熊田恰のお墓へ。

熊田恰矩芳(くまたあたかのりよし)

(写真は西爽亭にて撮影)

お線香をあげて、熊田さんに関する場所にも行かせていただいた事を

ご報告させていただく。

で、そうやってお話してると、

バサバサと二羽の鳥が飛び立って行く(笑)

お線香あげてる時に、ふと目に入った

熊田恰矩芳墓と書かれたお墓の方へ。

熊田家の人々のお墓の一番奥にあったのです。

私がお線香をあげさせて頂いたお墓は真新しいお墓だったので、

きっと、こちらが当時のお墓なのだと思います。

ただ、お墓が密集していたので、

お墓全部を見ることができませんでしたが、

そのお墓には戒名も刻まれていました。

誠忠院温厚正義居士

あー。なんか、戒名から熊田さんが、どんな人だったのか、

一気にわかった気がしました。

きっと、沢山の人から慕われていたんだろうなー。

道源寺を後にしたら、次は安正寺に向かいます。

実は、ここで失敗しました、私。

ここには板倉家のお墓もあるのですが、

新選組の谷三兄弟の父、三治郎のお墓もあるんですよ!

私、すーーーーっかり忘れておりまして。

高梁から帰る途中で気が付いた・・・。

またリベンジします

つづくつづく

▼クリックして貰えると嬉しいです。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村

©emi All Rights Reserved.