読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恵美の幕末日記

幕末好きによる幕末中心の史跡巡り旅日記

大久保利通公の馬車

ちょっと山南忌と前後してしまうのですが、

山南忌の一週間ほど前、ずーーーーーっと行きたいと思いながら、

なかなか行けていなかったある場所へ行ってきました。

修験堂総本山 五流尊瀧院

南北朝時代の武士、児島高徳の誕生地でもあるここに

奉納されているあるものを見に来ました。

それが、

大久保利通公暗殺時乗車の馬車

なんでも、大久保家から供養のために奉納されているんだそうです。

写真はNGだったので撮影はしていませんが、

細部にわたるまで、じーーっくり見て参りました。

「英国製のため、今もなお、しっかりとした形で残っているんでしょうね」というお話でした。

この馬車に大久保さんが乗っていたのだと思うと、

一気にその時代にいけそうな気がして、

また、大久保さんの息遣いも聞こえてきそうな気がして、

そして、襲われた瞬間が浮かんでくるような気がして、

また、その時大久保さんは一体何を思っていたのだろうと思いながら、

馬車を目に焼き付けてきました。

馬車に残る傷が何ともいえない感じで、心の中がモヤモヤとしちゃったけどパンダ汗かく

見にいけれて本当に良かった。

快く見せていただいたことにも感謝、感謝です。

▼クリックして貰えると嬉しいです。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ

にほんブログ村

©emi All Rights Reserved.