読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恵美の幕末日記

幕末好きによる幕末中心の史跡巡り旅日記

新選組とお城と剣士とin岡山 その3

恵美の幕末日記~歳さんに想いを馳せて~

この石火矢町には、100石前後の中級藩士の住まいが置かれていたそうです。

少しばかり、当時の趣を感じながら、歩いてみましたー。

恵美の幕末日記~歳さんに想いを馳せて~

この石火矢町では、二つの武家屋敷を見学できます。

1つは、旧埴原(はいばら)家

江戸中期から後期、120石から150石取りで、近習役や番頭役などを務めた

武士の家です。

そして、もう1つは旧折井家

200石前後の武士が住んでいた家で、天保年間に建てられた建物です。

ちなみに、この旧折井家の資料室が凄くてですねー。

甲冑はもちろん、松山藩の分限帳なんかもありました。

それから、熊田恰が発行人の免許状もありました。

石火矢町を後にしたら、頼久寺に向かいました。

乙部のお墓へ。

乙部のお墓に向かう途中には、方谷先生寓居地跡の石碑も。

恵美の幕末日記~歳さんに想いを馳せて~

乙部に「また来ますね~」と挨拶したあとは、

藩校・有終館

恵美の幕末日記~歳さんに想いを馳せて~

ここで、谷三兄弟はもちろん、箱館新選組隊士となった備中松山藩士達も学んだはずです。

今は幼稚園として使われています。

そして、川を挟んだところに高梁キリスト教が。

恵美の幕末日記~歳さんに想いを馳せて~

恵美の幕末日記~歳さんに想いを馳せて~

このキリスト教会には、新島襄も訪れていたりするのですが、

詳しいことは長倉さんのブログをどうぞ(笑)

こちら

山新選組の新八参上のブログ

http://ameblo.jp/new8-1915/

そして、福西志計子(ふくにししげこ)が建てた順正女学校

恵美の幕末日記~歳さんに想いを馳せて~

恵美の幕末日記~歳さんに想いを馳せて~

彼女もまた、方谷から教えを受けた人間の1人でした。

高梁を後にしたら、足守に向かいます。

つづくつづく

▼クリックして貰えると嬉しいです。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ

にほんブログ村

©emi All Rights Reserved.