恵美の幕末日記

幕末好きによる幕末中心の史跡巡り旅日記

山田方谷と真庭の人々を知るin真庭・高梁

岡山県真庭市で行われていた展示

「聖人・山田方谷と真庭の門人たち」

恵美の幕末日記~歳さんに想いを馳せて~

を見に行ってきました。

美作国建国1300年記念の一環として行われた展示です。

展示は、方谷が5歳の時に書いた奉納額や、

真庭の門人たちの偉業や、

門人たち自身を知ることもできる展示となっていて、

とても楽しかったです。

方谷の5歳の時に書いた奉納額は、

本当に5歳の時に書いたのと疑いたくなるほどの達筆さ。

ただ、署名の横に手形が押してあって、

それはまさしく5歳の子供の手形で・・・

こんな小さな手でこの字を書いたのかと思ったら・・・

思わず震えてしまったのでした震える

凄い

あと、個人的に、方谷が持っていた薬入れが気になりました。

江戸の空気も感じられて、それでいて、とても粋な素敵な薬いれでした。

欲しい・・・とか思ったのは内緒ないしょ♪

2時間たっぷり堪能をして帰ってきました。

この展示の図録がないのかと尋ねたら、今回は作っていないと言われてしまい、

残念・・・

ただ、展示中に行われたシンポジウムの事も含めて、

記録帳みたいなのは作る予定なので、またお知らせしますと言って頂いたので、

楽しみにしていようと思います

つづくつづく

▼クリックして貰えると嬉しいです。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ

にほんブログ村

©emi All Rights Reserved.