読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恵美の幕末日記

幕末好きによる幕末中心の史跡巡り旅日記

長州偵察・松陰先生と塾生たちを追ってin萩 その2

高杉さんの立志像を撮ったあと次に向かったのは、

円政寺

恵美の幕末日記~歳さんに想いを馳せて~

高杉晋作 伊藤博文 両公幼年勉学之所」

病弱だった高杉さんの母親がこのお寺で健康祈願をしたり

伊藤さんは、ここで読み書き算盤を習っていたそうです。

ちなみに、名探偵コナンで物語の舞台にもなったそうです(笑)

そういえば、他の子供達が怖がって近寄ろうとしなかったのに、

晋作さんは大好きだったという天狗のお面も、

ここの拝殿にあります。

うちらは、中に入らずに、入り口だけ撮影して次へ

恵美の幕末日記~歳さんに想いを馳せて~

青木周弼旧宅

蘭方医、青木周弼旧宅。

といっても、名前を聞いたことあるくらいで、そこまで詳しくないんだけども・・・。

で、ここも中には入らず次へ

恵美の幕末日記~歳さんに想いを馳せて~

木戸孝允桂小五郎)旧宅

逃げの小五郎こと、桂小五郎のお家です。

家の中には、7・8歳頃に書いたとされる手習いと

11歳頃に書いたとされる手習いが飾ってあったのですが、

どちらの書も幼少期に書いたとは思えないほどの達筆さ。

ここも、高杉さんの家も、他の場所も写真撮影OKか聞いてみたら、

ほとんどがOKで、しかも高杉さんの家と松陰先生幽囚の旧宅以外は、

あがる事もできたので、お部屋の至る所をいろんな角度で撮影(笑)

うちらの萌えスポットが階段だったりする不思議(笑)

もちろん、木戸さんの家も沢山撮影(笑)

ただ、必死すぎて、最後一気に脱力(笑)

最終的に入り口に一番近い部屋に腰を下ろし、

地図を広げる始末

うちらくつろぎすぎ!!

「木戸さんお邪魔しましたー」

って言ってお家を後にしました(笑)

恵美の幕末日記~歳さんに想いを馳せて~

木戸孝允 誕生の間

木戸さんの家を後にして、次に向かう事にしたのは、

久坂さんの誕生地

ここでバスを使おうと思ったら、

どんどん降り始めた雨

萩についた時、陽がさしていたので傘をおいてきた二人

仕方ないから雨にぬれていたら

おばちゃんが傘に入れてくれました

優しい・・・

今回アウェイの洗礼は受けたけど、

萩の方々の優しさに沢山触れて帰ってきました。

ありがとうございます。

つづくつづく

▼クリックして貰えると嬉しいです。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ

にほんブログ村

©emi All Rights Reserved.