恵美の幕末日記

幕末好きによる幕末中心の史跡巡り旅日記

【ネタバレ注意】映画を観てきました~るろうに剣心編~

映画「るろうに剣心」を観てきました!

というわけで、感想を。

ネタバレ含まれると思われますので、嫌な方は回れ右をお願いします。

週間少年ジャンプに連載をしていた

和月伸宏の漫画「るろうに剣心明治剣客浪漫譚-」が原作。

私は、アニメもリアルタイムで観ておりました(ちなみに左之助派だった)

アニメの実写化は失敗する

と、思っている私。

成功は「DEATH NOTE」だけだと思っていました(原作知っている作品のみ)

なので、正直、はじめは観にいくつもりなかった。

なかったのですが・・・

周りの評判メッチャ良い!

これは、やっぱり観にいくかーと、友人を誘って観にいきました。

結果

正解でした!キラッ

面白かったです。

ストーリーは原作のお話も含めつつ、オリジナルなものになっていました。

なので、刃衛が武田観柳の手下についてたりして、

刃衛は、観柳みたいな男の下にはつかないやろうー

と、思ってみたりもしましたが(笑)

全体的には、大満足でした。

アクションシーンの迫力はハンパなかったです。

佐藤健さんの剣心は、剣心でしたねー。

キャストも、よかったのではないでしょうか。

女性人は、ちょっと微妙でしたけど(恵さんの色気が・・・・・・・)

あと・・・・・

刃衛かっこよすぎじゃね!?

刃衛の役は「吉川晃司」さん

吉川刃衛は、むっちゃくちゃカッコよかったです。

刃衛は、剣心と同じ「人斬り」と呼ばれた男です。

原作では、仲間殺しの罪で新選組から追われる事になりますが、

映画では、戊辰戦争も、新選組として戦っておりました。

そして、1人生き残ってしまう。

原作の刃衛は、正直怖いです。ガクブル

人を斬る事に喜びを見出してしまった、殺戮魔のように描かれます。

狙う相手は、維新後私腹を肥やす政府の人間と、

その人間に肩入れするもの。

映画の刃衛は、自分の意思で相手は選んではおらず、

観柳の傍で、剣心みたいな、もう1度互角に戦える相手を探しているという感じに

描かれていました。

(若干、蒼紫の役割も担っていた感じ)

なので、殺戮魔な怖さがちょっとなくて、

ひたすらカッコイイ(笑)

刃衛に惚れそうになった(・ω・;)

あと、香川照之さんの武田観柳が、

ひたすら気持ち悪いヶ゛~

強烈でした(笑)

観柳は、金が全てだと思っている薄汚さもにおうキャラで、

原作の観柳も気持ち悪いんですけど、

それ以上に気持ち悪い!

香川さんの役者魂をみた気がしました(笑)

夢にみるかと思った。

原作知っていても、十分に楽しめたので、

本当、大満足です。

ちなみに・・・

るろうに剣心は、新選組好き、幕末好きには、

ストーリー以外の楽しみ方もあります(笑)

まず、主人公、緋村剣心 通称「人斬り抜刀斎」

彼は、幕末期人斬りと恐れられた「岡田以蔵」がモデルらしいです。

また、剣心は長州に雇われた人斬りなので、桂小五郎ら実在した人物の名前も登場します。

剣心と共に行動することになる

「喧嘩屋斬左」こと相楽左之助の「相楽」の名は、

赤報隊1番隊隊長「相楽総三」から頂いたというお話が描かれており、

左之助は、赤報隊の生き残りという設定です。

(そして、左之助の名は、多分、原田左之助から)

また武田観柳は、武田観柳斎を連想させます。

谷さんの名前を連想させるキャラや、

宗次郎というキャラがいたり(しかも菊一文字を使う)

新選組隊士の名前をもじったキャラも、結構でてきます。

映画には登場しませんでしたが、

原作で観柳に雇われている御庭番衆の頭、四乃森蒼紫のモデルは、

土方さんだったりもします。

原作もあわせて読んでみると、特に新選組好きは楽しいかもしれません。

▼クリックして貰えると嬉しいです。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ

にほんブログ村

©emi All Rights Reserved.