読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恵美の幕末日記

幕末好きによる幕末中心の史跡巡り旅日記

永倉新八を訪ねてin岡山

去る6月2日、岡山新選組準備会顧問で、

永倉新八生家ご子孫にあたる、長倉達郎氏の御宅へ行って参りました。

春にお会いした時に、

「うちはちょっとした資料館みたいになってるから、見においで」

と、言っていただいていたのです。

私の都合と長倉さんの都合が、なかなか合わず

やっとのことで伺わせていただく事ができました。

まず、長倉家の玄関から凄かったきらきらきら~♪(笑)

思わず、声を上げてしまったっていう・・・(笑)

ポスターとか、タペストリーとか、

とにかく、新選組のものが、たーくさん置いてありました。

あれはね、

新選組好きにはたまらんですハート(笑)

お家へ上がらせていただいて、お茶と羊羹をごちそうになりながら、

長倉さんと、いろいろお話させていただきました。

実はこの日、以前お会いした時にいただいていた、

清水隆先生作の「新選組検定豆知識」を持って行っていたので、

それの答えあわせをしていただきました。

なにやらブーイングの嵐だったらしいこの問題(笑)

私は、75点という結果になりました。

変名の問題だけは、やたらと自信があって(笑)

変名の問題は、全問正解。

これはあれだな。

相川司著「新選組隊士録」のおかげだと思われる(笑)

いや、諱は分からない人もいたんだけどもさあせ

話が盛り上がってしまい、2時間ぐらい長倉家でくつろぐ(笑)

その後、お墓へ連れて行って頂きました

恵美の幕末日記~歳さんに想いを馳せて~-永倉新八供養碑

永倉新八供養碑

(長倉さんに載せてよいと言っていただいた為、載せております)

武士の節を尽くして厭(あく)までも 

              貫く竹の心一筋

新八さんが浪士組に参加し京へ上る際に両親に贈った和歌と共に、

新八さんの生涯と、この地へ供養碑のある理由が刻まれております。

裏には、長倉さんと奥様、そして娘さん達のお名前が刻まれております。

次に連れて行って頂いたのは、

京都守護職会津藩公用人 

手代木直右衛門勝任のお墓

彼は、京都見廻組隊長 佐々木只三郎の実兄であり、

坂本龍馬暗殺の黒幕だと言われております。

最後は岡山で区長を務め、岡山で亡くなっております。

この日は、なんと手代木さんの命日前日だったようで、

長倉ご夫妻とビックリしました。

なんとも良いタイミングで行かせて頂いたなーと思いました。

これは、きっと手代木さんの事を、ちゃんと調べなさいという事なのかと、

思ってみたりもしてます。

岡山にはとても関係の深い方なので、

少しずつ調べていけれたらいいなー

4時間ほどの訪問となりましたが、

奥様やお孫さんともお話させていただいて、

とても楽しい時間を過ごさせていただきました。

長倉さんが知識が豊富なので、本当、勉強になります。

そして、前回お会いした時もだったのですが、

またいろいろ資料を頂いたので、少しずつ読んでいこうと思います。

長倉さん、有難うございました。

もし、ご迷惑でなければ、またお邪魔させてくださいsao☆

▼クリックして貰えると嬉しいです。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ

にほんブログ村

©emi All Rights Reserved.