恵美の幕末日記

幕末好きによる幕末中心の史跡巡り旅日記

新選組を感じる旅in京都!!その5

ねねの道を通り

恵美の幕末日記~歳さんに想いを馳せて~-霊山 維新の道

維新の道を進み・・・

訪れたのは、霊山歴史館!!

正直、ここは時間が足りなかった!

一つ一つ丁寧に見て行ったら二時間ぐらいかかるんじゃないの?

ってくらい内容が濃くて・・・。

次は余裕を持って来る!と決意決意

維新に関わった人達の書や、将軍、幕臣の書なんかもあって

圧巻!!!

個人的には、榎本さんの「ない」「ない」って書かれてる書が

ツボで、あまりのないない尽くしに思わず笑ってしまったぷぷ

榎本さんの書の横には、大鳥さんの書も。

大鳥さんも美形だよねー。

男前って言うより・・・

美青年!!

大鳥さんもきっとモテモテやったやろうなーぷ

ずーっと見て回ると、最後に「新選組コーナー」があって、

英雄について書かれた近藤さんの書もありました。

島田さんが使っていた袖章なんかは、

染みなんかも残っていて、

なんとも感慨深い気持ちになりました。

そうそう。理心流で使われる大木刀もあって、

一般の木刀と比べられるようになってたんですけど・・・

太っ!!!!

かなり大きな木刀でした。

これ、私の手じゃあ、太すぎて飛んでいきそうだなーとか、

考えてしまった・・・

そして、最後に訪れたのは・・・

戒光寺!!!


ここは、御陵衛士達が眠っている場所です。

戒光寺に眠る隊士達】

 伊東甲子太郎 茨木司 佐野七五三之助 富川十郎

 中村五郎 藤堂平助 服部武雄 毛内有之助 

 富山弥兵衛 竹川直枝 佐原太郎

ここでも、また雪に舞われるんですが、

雪の中、挨拶と、ここが今回の旅行の最後の地である事を報告

「また来ます」

と、挨拶をして、今回の旅は終わりましたにこ

ここで最後だったからなのか、

ここは、とても切ない場所でした。

うん。てか、ちょっと泣きそうだったあせ

本当に素敵な旅になったからなのか、

帰りたくない!!って感じだったし、

コレを書いている今も、本当に彼らに会ってきたのだろうか?と

不思議な気分ですが。

次、彼らにまた会いに行けた時、

また歓迎して貰える事を願って、旅の記録は終わりにしますにこ

©emi All Rights Reserved.