恵美の幕末日記

幕末好きによる幕末中心の史跡巡り旅日記

新選組を感じる旅in京都!!

行ってきました!!京都!!

て、わけで・・・京都旅行レポにお付き合いくださいませきゃ

今回のテーマは、新選組に出会い、感じる旅!

ホテルは、壬生寺の近くを取りました。

そして、最初に訪れたのは・・・ここココ

恵美の幕末日記~歳さんに想いを馳せて~-壬生寺

 壬生寺!!

 【壬生寺に眠る隊士

  芹沢鴨 平山五郎 田中伊織(新見錦) 野口健

  阿比留衛三郎 奥沢英助 安藤早太朗 葛山武八郎 

  新田革左衛門 河合耆三郎

 それから、近藤さんの遺髪塔があります。

一番最初に目に飛び込んでくる、「あゝ新選組」の歌碑。

その横を通り過ぎると、近藤さんの胸像が出迎えてくれました。

しばらく、近藤さんを見つめる・・・・

てか、動けなかった・・・!!!!!!!!!!!!!

近藤さんに挨拶をし、次に挨拶をしたのは、芹沢さん、平山さん。

芹沢さん、平山さんに挨拶した後は、順番に他の隊士達にも挨拶。

一通り挨拶をした後、近藤さんの胸像をもう一度見る。

勇ましくて、とてもとても素敵でした・・・ぽ

さて、次に行こう・・・と歩き出し、「あゝ新選組」の歌碑の所まで来て・・・

芹沢さんの墓まで、引き戻りました・・・汗☆

なんていうか・・・

芹沢さんに離して貰えなかった!

てかね、壬生寺以外の隊士の墓にもいったけど、

それぞれ空気が違ってたんですよねー。

ここは、意志の強さというか、気の強さがありまして、

動けなくて弱りました・・・苦笑

(あ、別に霊は見えたりはしません。気配を感じたりする程度です)

けど、壬生寺が、この旅で一番心に残った場所となりました。

壬生寺を後にし、次に訪れたのは・・・・

恵美の幕末日記~歳さんに想いを馳せて~-八木邸

 八木邸!

 言わずと知れた、

 新選組最初の屯所です。

当時のまま残ってるので、なんていうか・・・ドッキドキドキドキ

近藤さんや土方さん達が寝起きをしていた場所は、

今はお店として利用されているらしいのですが、

芹沢さんや平山さん達が寝ていた場所は、そのまま。

恵美の幕末日記~歳さんに想いを馳せて~-八木邸庭

このお庭から、土方さんたちは忍び込み、芹沢さん達を暗殺しました。

刀傷や、芹沢さんがつまづいた机も当時のまま。

ここで隊士達は過ごし、ここから出入りして、

そして、芹沢さんはどんな思いで

この場所で息を引き取っていったのだろう・・・

何度も何度も部屋を往復して、

隊士達の面影を心にやきつけてきましたふにゃもらけ(ドキ②)

さて、こちらでは、現在和菓子屋さんを営まれています。

見学料にお茶代が含まれているので、

お茶と、屯所餅を頂きました。

で、お土産に・・・と思い、いろいろ見ていたのですが、

日持ちのするものが良かったので「京ちゃふれ」を購入。

これが激うまウマー

今度訪れた時も、是非買って帰りたいと思います。

つづくつづく

©emi All Rights Reserved.