読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恵美の幕末日記

幕末好きによる幕末中心の史跡巡り旅日記

☆長州☆

俺の鯛党話を聞いてくれ!!

つーわけで(笑) なんじゃらほい、なタイトルで今回の記事が始まります。 今回は、ちょっとばかり紹介したい漫画を取り上げます(*´▽`*) 茶いさんの「私の!鯛党の話を聞いてください(上)」 茶いさんの「私の!鯛党の話を聞いてください(下)」 決して「…

岡山を訪れた勤王の志士

フォロワーさんに教えて頂きまして、行ってまいりました(*´▽`*) 「岡山を訪れた勤王の志士~久坂玄瑞・桂小五郎・坂本龍馬の足跡~」 このタイトルをみた瞬間、私はテンションがあがりました。 なぜなら、久坂さんのあの書簡が見えるかもしれない!!!と思…

気になる歴史講座

「倉敷ゆかりの人々の手紙in真備」(記事参照)を、 見に行った時、これからの講座のお知らせが欲しい旨を書いていたら、 講座のお知らせがあったんだけど、 すんごい気になる講座が!!! 「林孚一と維新の志士たち」 林孚一という人物は、 「倉敷ゆかりの…

長州偵察・松陰先生と塾生たちを追ってin萩 その9

ひろみを見送った後は、もう一度松陰神社に戻り、 至誠館へ 松陰先生に関する遺品や、遺墨等が数多く展示されています。 松陰先生の人生、志、思想をしる事が出来る宝物殿です。 で、2時間くらい食い入るように見てきました。 至誠館を後にして、明倫館へ。 …

長州偵察・松陰先生と塾生たちを追ってin萩 その8

そして、先生達にお会いしてきました!! まずは、松陰先生にご挨拶。と思い、松陰先生の前で今回も私の持参したお線香に火をつける。 で、線香を立てようとしたら、思いの外お焼香台が深くて指を焼けどする・・・ ええええ!!!! これもアウェイの洗礼か…

長州偵察・松陰先生と塾生たちを追ってin萩 その7

松下村塾発祥之地玉木文之進旧宅 松陰先生の叔父、玉木文之進の旧宅です。松下村塾は元々は叔父の玉木さんが開いた私塾でした。 私の玉木さんへのイメージは・・・むっちゃ怖い人。スパルタ教育。 玉木文之進旧宅から、坂を登ること300m 「高杉晋作」の文字…

長州偵察・松陰先生と塾生たちを追ってin萩 その6

薩長土連合密議之所 坂本龍馬は同藩士 武市瑞山の書簡を持って久坂玄瑞を訪ね、鈴木勘蔵の旅館に泊まりました。また、薩摩の田上藤七も樺山三円の書簡を持って訪ねてきており、ここに薩長土が一同に会する事となりました。 松下村塾の四天王の1人 吉田稔丸(…

長州偵察・松陰先生と塾生たちを追ってin萩 その5

松陰先生幽囚の旧宅 上の写真は松陰先生か幽囚していた部屋です。 安政元年野山獄にいれられた松陰先生は、翌年、実家杉家での謹慎生活を命じられ、この部屋で孟子などを講じるようになります。 この幽囚室に行く前に、私はある場所を見つけました。 ひろみ…

長州偵察・松陰先生と塾生たちを追ってin萩 その4

2日目は、快晴! 松陰先生ゆかりの地めぐり!となりました。 まず、向かったのは 松下村塾もある松陰神社 その前に、この碑をパシャリ 画像、回転させるの忘れたので横向きですみません(笑) 松浦松洞生誕地 松陰先生の肖像画を描いた塾生です。松陰先生の…

長州偵察・松陰先生と塾生たちを追ってin萩 その3

久坂玄瑞誕生地 高杉さんと共に松下村塾の双璧と呼ばれた久坂玄瑞の誕生地です。 雨は降るし、バスの時間までまだあるし・・・で結局タクシーを呼んだうちら。 で、ここまで連れて行ってもらったんだけど、着いたら、雨がやむっていう・・・。 久坂さんの家…

長州偵察・松陰先生と塾生たちを追ってin萩 その2

高杉さんの立志像を撮ったあと次に向かったのは、 円政寺 「高杉晋作 伊藤博文 両公幼年勉学之所」 病弱だった高杉さんの母親がこのお寺で健康祈願をしたり伊藤さんは、ここで読み書き算盤を習っていたそうです。 ちなみに、名探偵コナンで物語の舞台にもな…

長州偵察・松陰先生と塾生たちを追ってin萩

新選組好きだけど! 新選組贔屓だけど! 長州も好きなんだよ!! って事で、ひろみと共に山口県萩市へと行って参りました。 二泊三日の長州偵察。アウェイの洗礼受けながら濃い旅行となりました。 またまた長くなりますが、お付き合いください 11月10日、岡…

面白き こともなき世に 面白く・・・

お店の開店から閉店まで、1人店番が3日も続き(笑)頭、ぱーん!!ってなりまして(笑) ずーーーっと、アマゾンのお気に入りに入れっぱなしだった、 一坂太郎著の「高杉晋作」と、「高杉晋作の革命日記」を勢いで購入 まー、あれだよ。 いつ読めるのか分か…

©emi All Rights Reserved.